背景
大阪府土地改良事業団体連合会とは


 市町村・土地改良区・農業協同組合等128団体の会員により構成され、会員の行う土地改良事業に関する技術的援助及び事務指導、教育及び情報の提供、調査・研究、国や大阪府の行う土地改良事業への協力や農地集団化事業の指導、技術的援助並びに土地改良施設管理指導・相談等を実施しています。また、土地改良施設の管理について都市的利用との調整、水難防止、用水汚濁等の対策指導を行っています。


[沿革]
 大正12年に大阪府耕地協会が創設され、昭和29年に土地改良協会と改称し、土地改良事業の推進に貢献してきました。昭和32年の土地改良法の改正によって、土地改良事業団体連合会が法制化され、農林大臣の認可を得て大阪府土地改良事業団体連合会として新しく設立され今日に至っています。

●設立認可:昭和33年9月16日(農林省指令33号農地3264号)

●登記:昭和33年10月28日

[目的]
土地改良事業を行う市町村、土地改良区、農業協同組合等を会員とした法人で、土地改良事業の適切で効率的な運営を確保し、その共同の利益を増進することを目的にしています。(定款第1条)

[性格]
「連合会は、法人とする」(土地改良法第111条の3)と規定され、公益的役割を強く有していることから、土地改良法という特別法に定めるところにより設立が認められた「公法人」です。なお、組織形態等から社団法人として位置付けられ、営利を目的としない非営利法人で、税法上(法人税法・所得税法・印紙税法)は公益法人等と規定されています。

[名称]
大阪府土地改良事業団体連合会
[所在]
〒541-0054
大阪市西区新町三丁目6番9号(大阪木材会館3階)




       ・会員数/126団体(平成25年4月現在)
Copyright(C) 大阪/都市と農村の共生を目指す/大阪土地改良事業団体連合会 DAIDOREN All Rights Reserved.